社員のMさん

マシニング加工のM君
彼は新卒で入社してきてくれ
入社9年目になります

彼はマシニング加工を担当しておりましたが
最近配置換えをし平面研磨を頑張っています。
若いうちは頭も柔らかいので柔軟に対応できるでしょう
以前よりイキイキと働いているように私には見えます
もちろん以前から頑張っていましたよ
あくまで総務の私の目線です

適材適所って言葉なんだか無機質で
あまり好きではありませんが
実際問題その人の能力を活かせる場所というは
必ず存在していて
それは経験してみないとどこかはわからない
ってところでしょうか?
難しい問題ですね

本文は総務の峯村がその日の気分で書いております
起承転結完全無視ですがお許しください

ちなみに左がM君です
右はS君ですがアルファベットで書くと
何だか・・・