仕事について

総務の峯村です
今回は仕事について少しお話させてください

組織の歯車とよく言いますが
いい意味で捉える事も出来るのかもしれませんが
代替の出来る歯車にはさせてはいけないし
なってはいけないと思うんです

弊社には沢山の転職希望者が来ます
【○○を15年やってましたので熟知してます】
ところが確認すると浅い知識しかない事が多いんです
彼らに責任はありません
歯車として立派に働いてきたんです
会社は代替の効く歯車を育てたんです
15年も真面目に働けばプロになってると
思うかもしれませんが
深く知らなくてはプロとは言えません
それをいつの時点で気が付くかで
人生は大きく変わります
できるだけ早く
早く気が付いてください

弊社では一から丁寧に教えます
その時、個性という才能が
どういった仕事に向いているか
ここがとても重要になります
向いていない仕事を希望しても
努力が苦しく感じてくるでしょう
仕事=苦しみであってはいけません
自分の個性という才能をよく知る事
代替の歯車でも気にせずに働くのか
それとも自分にしかなれない歯車になるのか
早い段階で
大事な事なのでもう一度
早い段階で考えてください
あなたという個性を活かすも殺すも
あなた次第です

と新年一発目の投稿なので
真面目に立派な事を書いてみました
今後も弊社をどうぞよろしくお願いいたします。